安倍総理が2019年10月(来年)に実施予定である消費税引き上げに伴う景気対策として、クレジットカードなどのキャッシュレス決済の還元率を5%にする事の検討に入ると示しました。


5%還元はかなり凄い。

IMG_0728
消費税が8%→10%に変わりますが、5%還元してくれるならむしろ得



だって消費増税が2%アップですから、5%還元
となると今より得になってますよね?



しかし、これだと増税した意味が無いではないか?

IMG_0729

いくら全員が全員、キャッシュレスにするわけでは無いとはいえ、そんな事が可能なのか?



そんな美味しい話があるわけがないのではないか?



我が家は超キャッシュレスな家です。

IMG_0717

固定費のほとんどはクレジットカードなどのカード決済にしています。



光熱費、食費やその他の買い物、クレジットカードやデビッドカードが使えるところは大抵、カード決済にしています。



私の住んでいる市では、水道代は特定の金融機関からの引き落しか、コンビニなどでのバーコード払いしか対応していない。

最低な公共団体です。


そんな水道代でさえ、私はリクルートとJCB、三菱UFJニコスが提携して発行するリクルートカードを活用し、間接的にクレジットカード払いにしています。


リクルートカードはセブンイレブンの電子マネーnanacoにチャージしてポイント還元される数少ないクレジットカードです。


ゼフンイレブンではバーコード付き振込用紙を店頭に持っていけば電気水道代、税金などでもnanacoで決済する事ができます。



大半のクレジットカードが電子マネーへのチャージではポイント還元がない又はポイント減額になる中、リクルートカードはnanacoチャージで1.2%の還元率を誇ります。
金額上限はありますが。


このように、私はクレジットカードやデビッドカードによる還元を気にして生きています。



1%や2%還元なんてたかが知れていると思う人もいるでしょうが、私はいかに給与所得以外で稼ぐかを考えています。



だからこそ、年間10,000円〜相当のポイントでも貴重なものだと考えています。 



クレジットカードを使うと無駄遣いをすると意味の分からない事を言っている人がいますが、クレジットカードであろうと現金であろうと毎月決まった金額を使うのは当然の事です。



このような発想は毎月、貯金も投資もせず、銀行口座にお金が全く無い人間がする発想です。



たとえ年間で数千円、数万円でも、勤めている企業以外での収入は大切なものです。



クレジットカードを使うと無駄遣いする人間は言い換えれば、給料以外での収入を得る事が出来ない人でしかないのです。


今の時代、昇給はあまり期待ができません。



日本人の年収は減り、手取りも減っていく時代です。



勤めいる会社に依存して、給与所得のみに頼る事は老後の破綻を招く可能性をはらんでいます。


大企業でも大幅なリストラがある時代です。
大企業でも潰れる時代です。



私はクレジットカードなどの還元もバカにはできないと考えます。



そして今回の景気対策である5%還元。
正直、気になります。



給料が上がりにくい時代だというのに消費税を上げられ、国や地方自治体にさらにお金が取られていく。
そんなの嫌だって感じです。



今回の景気対策はまだ、検討する事を示したってだけの段階ですが、実施してもあくまで期間限定での対策のようです。
2020年のオリンピックまでの9ヶ月間だけ実施する期間限定の対策だそうです。


まぁ、ずっと5%還元をやっていくと増税した意味ないですしね。


まだ、検討段階なので他の対策になるかも知れません
できれば期間限定5%還元ではなく、2%でもいいので、もっと長期で実施して欲しいです。



キャッシュレスによるポイント還元は、老人などが恩恵がないと言う意見もありますが、今の老人達の社会保証は充実している。


私たちが老人になる頃、同じだけの保証がなされるだろうか?



今の老人達にそこまで若い世代が還元しなくてはいけないのだろうか?



必死になって税金を払っても、その見返りが少なくなる可能性のある日本。



まぁ、どのような対策になろうと、アンテナは常に張り、できるだけ得ができるようにしたいものです。


IMG_0448