日本では家計の管理は妻管理するのが主流のようです。


つまり、夫は働いたお金を妻に渡してお小遣いをもらってるってことです。
お小遣い制ってやつですね。



オリックス銀行の調べでは妻が家計管理をしている割合は59.2%との事です。
※2017年アンケート結果


楽天市場の調査でも半数以上が妻管理との事です。
※2017年アンケート結果



ではなぜ、妻が家計を管理をしているのでしょうか?
IMG_0759


◆理由として考えられるもの

・夫が仕事で忙しく家計管理ができない
・夫が管理すると無駄遣いをする
・妻が生活費等の決済をするので妻管理が便利
・夫が稼ぎ、妻は専業主婦の役割分担制
・自分の親が小遣い制だったから
・周りが妻管理なんだから当たり前のことだ


という理由が挙げられるのではないだろうか。


一番多いのは妻管理が当たり前という日本人の固定概念ではなかろうか。


なぜなら、国や民族によって家計管理の考え方が違ってくるから。


別に妻管理が悪いと言うのではなく、人というのは周りに影響を受けるもの。



正直、家計管理が女(妻)が得意とか男(夫)が得意とかは人によると思う。



酒好好き、タバコ好き、ギャンブル好きな遊び人の男ばかりではない。



楽天市場のアンケート調査によると夫(男)が管理した方が妻管理よりも貯蓄ができているという調査結果もあるようです。



アンケート調査なんてものはコロコロ結果が変わるので一概に夫(男)の方がお金が貯まると言う訳ではありませんが、少なくとも男が家計管理が不得意と言う訳ではなさそうです。


夫がギャンブラーで金遣いが荒いっていうなら話は別ですが。


今はマネーフォワードなどの家計簿アプリが色々と出ており、家計簿もつけやすくなっています。
仕事で忙しくても収支はすぐに把握できる時代です。
IMG_0760
夫が生活費を入れてくれない〜と言う家庭ならともかく妻が家計を管理しなければ不便と言う時代ではないかと思います。



不便と思うとしたら妻の都合で出費できなくなるって事ではないでしょうか。 


月の生活費を10万円と定めているのにその時の都合で頻繁に出費するお金が変わるのであれば、妻管理は逆効果だと考えられます。

IMG_0604

結局のところ人がお金を管理すると感情が入ってしまい無駄なお金を使ってしまう。
妻が夫がなんて関係無いのではないでしょうか。



私が実施している家計管理は給料を自動的に複数の口座に配分するものです。



固定費(光熱費や家賃)、生活費、自分の小遣い、貯金、投資を給料口座から自動振込サービスなどを使い自動的に振り分けていきます。


私は会社の給料口座を2つ設定しています。


メインに振り込まれ口座がイオン銀行、生活費のみが振り込まれる口座をソニー銀行に設定しています。


さらに私はイオン銀行はMYステージ(取引状況)がプラチナになっている為、振込手数料が月間5回無料になっています。



それを利用して、定期振込サービスにより各口座に自動的に振込を行っています。



家賃支払い、私のお小遣い専用口座(GMOあおぞらネット銀行)、クレジットカードなどの引落+投資口座(楽天銀行)、貯蓄口座(じぶん銀行)に振り込まれます。



生活費(妻の小遣い含む)口座のソニー銀行は妻がキャッシュカードを所持しており、妻はその口座のお金でやりくりしています。



私のお小遣い専用口座のGMOあおぞらネット銀行には私の小遣い3万円が振り込まれます。
私は、その3万円のみを使います。 



これらのお金の流れをマネーフォワードで管理する事で妻も私も瞬時にお金の流れを把握できます。



このようにシステマチックに管理する事で無駄な出費を抑えるように心がけています。



妻が管理するべきでも夫が管理するべきでも私は無いと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 



IMG_0501